外科

外科について

外科では、主に消化器外科・一般外科・乳腺外科の疾患に対応しています。

消化器外科

食道・胃から大腸・肛門までの消化器および肝臓、胆嚢、膵臓の良性疾患、悪性疾患を治療の対象としています。治療には内視鏡治療、腹腔鏡手術を導入し、がん化学療法も行っています。

大腸のポリープ切除、ヘリコバクターピロリ菌の診断、治療も外科で行っています。

一般外科

体表の外科を中心に扱っています。鼠径ヘルニアに対しては、症例によっては腹腔鏡によるヘルニア手術を導入しています。

乳腺外科

非常勤医師(毎火曜日)により、乳がんの他、乳房良性疾患に対応しています。診断には視診、触診、マンモグラフィー、超音波検査、細胞診、CT、MRI等を用いており、治療は乳房温存手術、色素法を用いたセンチネルリンパ節生検等の手術療法や化学療法、ホルモン療法を行っています。

学会認定施設

  • 日本外科学会外科専門医制度関連施設
  • 日本乳癌学会関連施設
  • 日本消化器内視鏡学会指導連携施設

スタッフ紹介

常勤医

院長 中村 慶春(なかむらよしはる)  詳細はこちら 
顧問  高﨑 秀明(たかさき ひであき) 詳細はこちら
部長  坂田 義則(さかた よしのり)  詳細はこちら
医長  下田 朋宏(しもだ ともひろ)  詳細はこちら
医員 大野 崇 (おおの たかし)