病院概要・沿革

病院概要

名称 神栖済生会病院
所在地 〒314-0112
 茨城県神栖市知手中央7丁目2番45号
開設 平成17年3月1日
開設者 社会福祉法人 恩賜財団 済生会支部
 茨城県済生会 支部長 村田 実
管理者 院長 高﨑 秀明
建物の構造等 鉄筋コンクリート造り(地下1階・地上4階建)
 建物面積 4,451.41㎡、延べ床面積 11,182.69㎡
病床数 179床
病室構成 特別室2室、個室25室、4床室36室、HCU2室(8床)
診療科目 内科、循環器内科、呼吸器内科、消化器内科、肝臓内科、腎臓内科(人工透析)、外科、消化器外科、乳腺外科、内分泌外科、内視鏡外科、大腸・肛門外科、整形外科、形成外科、小児科、皮膚科、泌尿器科、婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科(23診療科)
救急指定 二次救急指定病院
診療指定

保険医療機関

指定自立支援医療機関

結核予防法指定医療機関

原爆被爆者一般疾病指定医療機関

労災保険指定医療機関

生活保護法指定医療機関

その他の指定

日本外科学会外科専門医制度関連施設

日本泌尿器科学会泌尿器科専門医教育施設

日本乳がん学会専門医制度関連施設

看護師臨地実習施設

地域災害拠点病院

DMAT指定医療機関

施設基準

急性期一般入院料1

救急医療管理加算

診療録管理体制加算2

医師事務作業補助体制加算2251

療養環境加算

急性期看護補助体制加算1251

夜間急性期看護補助体制加算(501

重傷者等療養環境特別加算

医療安全対策加算1

医療安全対策地域連携加算1 

感染防止対策加算1

感染防止対策地域連携加算

感染防止対策抗菌薬適正使用加算 

データ提出加算1

認知症ケア加算2

栄養サポートチーム加算 

看護職員夜間配置加算1121

がん性疼痛緩和指導管理料

夜間休日救急搬送医学管理料

薬剤管理指導料

医療機器安全管理料1

救急搬送看護体制加算

在宅療養支援病院

検体検査管理加算(Ⅱ)・(Ⅰ)

小児食物アレルギー負荷検査

CT及びMRI撮影

無菌製剤処理料

心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅱ)

脳血管疾患等リハビリステーション料Ⅱ

運動器リハビリテーション料Ⅰ

呼吸器リハビリテーション料Ⅰ

人工腎臓導入期加算1 

透析液水質確保加算1

ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術

手術の通則4及び56に掲げる手術

輸血管理料Ⅱ

輸血適正使用加算

皮下連続式グルコース測定

在宅時医学総合管理料1 

持続血糖測定器加算

麻酔管理料(Ⅰ)

人工肛門、人工膀胱増設術前処置加算

入院時食事療養1

ニコチン依存管理料

外来化学療法加算2

入退院支援加算1

糖尿病合併症管理料

沿革

昭和28年11月  済生会波崎診療所開院
 (木造・無床、診療科目/内科・外科)
昭和36年 5月  済生会波崎済生病院に昇格
 (20床、診療科目/内科・婦人科)
昭和38年 7月  増築(40床増床)
昭和39年 8月  外来診療棟増築(40床増床)
 (許可病床100床)
昭和55年 9月  新館増築(141床増床)
 (許可病床241床)
昭和61年 4月  茨城県済生会へ移管
平成12年 3月  療養病棟整備
 (療養型病床39床・その他病床180床=計219床)
平成14年12月  病床区分の変更届出
 (一般病床160床・療養型病床39床=計199床)
平成15年 3月  建物の老朽・狭隘化のため移転新築計画が本部理事会で承認
平成15年10月  病院移転新築工事着工
平成17年 1月  新病院竣工
 (一般病床140床・療養型病床39床=計179床)
平成17年 3月  神栖済生会病院開院
平成19年12月  人工透析センター開設
平成20年10月  第3代 高﨑秀明院長 就任
平成21年10月  病児病後児室 開設(神栖市より受託)
平成25年4月  地域包括支援センターかみす開設(神栖市より受託)
平成27年1月  院内託児室新築移転(同敷地内)
平成29年9月  X線アンギオグラフィシステム Infinix Celeve-Ⅰ設置
 筑波大学附属病院―神栖済生会病院
 「映像配信システムによる遠隔治療サポート」開始
平成31年4月

独立行政法人 労働者健康安全機構 鹿島労災病院と再編統合

令和元年9月

地域災害拠点病院の指定

DMAT指定医療機関の指定