医療安全対策

基本方針

安心して安全な医療を受けられる環境を整え、良質な医療を提供する事を通じて、地域社会に貢献します。

医療安全管理体制

全職員が一丸となって、医療安全に対する意識を高めると共に、個人と組織の両面から事故を未然に回避し得る能力を強固なものにする。これらの取り組みを明確なものとし、当院における医療の安全管理、医療事故防止の徹底を図るために医療安全管理室および以下の委員会を設置する。

医療安全管理委員会
医療安全を組織横断的に推進し、適切かつ効率的に事故防止を図り安全管理を行う。
医療安全管理室
医療安全管理委員会の方針に基づき、組織横断的に院内の医療安全を推進する。
医療安全対策委員会
医療安全管理委員会の総括の下、医療問題に関する、調査・分析・指導・研修等を行い、医療安全に関する実務を遂行する。
事故調査委員会
重大な医療事故が発生したあるいは可能性がある場合、原因究明と再発防止について、客観的な視点から協議し、当院における医療安全管理の推進と共に病院運営の透明性を高める事を目的に設置する。

医療安全管理室の主な活動

  1. インシデント・アクシデント報告の集計・分析・改善策の立案及び評価
  2. 定期的な院内巡視及び各部門における実施状況の把握・分析
  3. 職員研修の企画・運営
  4. 医療安全マニュアルの作成・見直し
  5. 医療安全のための会議・委員会に関する活動
  6. 医療事故発生時の対応
  7. 医療安全に関する相談業務

2017年11月1日改訂

 

〒314-0112
茨城県神栖市知手中央7丁目2番地45号

0299-97-2111

0299-97-2134

 タブレット・スマートフォン専用