リハビリテーション科

リハビリテーション科の特徴

大きな窓で採光を多く取り入れた開放的なリハビリルームで、気持ちよく体を動かしていただいております。

対象疾患
整形外科的疾患・内科的疾患を対象としたリハビリを中心に急性期から慢性期までの幅広いリハビリを行なっています。
整形外科的疾患(骨折、肩関節痛、腰痛、膝痛、交通事故後遺症など)
内科的疾患(脳血管障害など)
外科的疾患(呼吸器、手術前後など)

理学療法(physical therapy,PT)

病気やけがで低下した身体機能や運動機能を、治療体操等の運動療法や温熱や電気等の物理療法によって、維持・回復させるリハビリテーションの療法です。立つ・歩くなど生活の基本動作から、関節や筋肉・呼吸などの機能回復・増強訓練等も行います。

治療方針

患者さんの機能を評価し、今後の予測や訓練の目標を設定し、「明るく・楽しく・美しく」をモットーに患者さんを中心とした医師、看護師、理学療法士などで構成されるチーム医療を行って参ります。

構成メンバー

理学療法士3名

施設基準

運動器Ⅱ、脳血管Ⅲ、呼吸器Ⅰ

診療時間

午前 8:30 ~ 12:30  午後 13:30 ~ 16:00

※土曜日は午前のみの診療となっています。日曜日・祝祭日は休診です。

リハビリテーション科は原則として、予約制となっております。また、当科の診療には、Dr.の指示が必要です。