沿革

昭和28年11月済生会波崎診療所開院
(木造・無床、診療科目/内科・外科)
昭和36年 5月済生会波崎済生病院に昇格
(20床、診療科目/内科・婦人科)
昭和38年 7月増築(60床増床)
昭和39年 8月外来診療棟増築(40床増床)
(許可病床100床)
昭和55年 9月新館増築(141床増床)
(許可病床241床)
昭和61年 4月茨城県済生会へ移管
平成12年 3月療養病棟整備
(療養型病床39床・その他病床180床=計219床)
平成14年12月病床区分の変更届出
(一般病床160床・療養型病床39床=計199床)
平成15年 3月建物の老朽・狭隘化のため移転新築計画が本部理事会で承認
平成15年10月病院移転新築工事着工
平成17年 1月新病院竣工
(一般病床140床・療養型病床39床=計179床)
平成17年 3月神栖済生会病院開院