内科

担当医師紹介

長野  具雄

(院長代理・内科部長)

家城  隆次

(副院長・内科部長)

花岡  大資

(内科部長)

細井  崇弘

内科医長/筑波大学医学医療系助教(兼任)
日本内科学会認定内科医
日本プライマリ・ケア連合学会 家庭医療専門医/指導医
日本在宅医学会 在宅医専門医/指導医
緩和ケア研修会 修了
臨床研修指導医

野口  和之

内科医長/筑波大学医学医療系講師(兼任)
日本内科学会認定内科医/総合内科専門医
日本腎臓学会 腎臓専門医/指導医

黒木  健志

(内科医長)
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会専門医
日本不整脈心電学会専門医

安達  亨

(内科医長)
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会専門医
日本不整脈心電学会専門医

海老原 稔

(内科医員)

本村  鉄平

(内科医員)

阪本  直人

(非常勤医師)

森戸  直記

(非常勤医師)

小齊平 聖治

(非常勤医師)

岡崎  優

(非常勤医師)

山口  哲人

(非常勤医師)

高木  健治

(非常勤医師)

松原  宗明

(非常勤医師)

竹田

(非常勤医師)



診療内容の紹介

当院内科では高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病をはじめとして循環器、脳神経、呼吸器、消化器、腎臓、内分泌、血液など多岐にわたる内科疾患を対象に診療を行なっています。内科疾患はある特定臓器の疾患であってもその臓器だけにとどまらず、少なからず他臓器との関連があることが一般的です。

例えば糖尿病はインスリンの作用不足に起因する代謝性疾患ではありますが、進行すると神経、眼底、心血管系、腎臓などにさまざまな合併症を生じる全身性の疾患であり、単一の専門科での治療では難しい面があります。

また、食欲不振、嘔気で来院し、通常まず消化器科受診を薦められるような例が、実際は緊急に血液透析を必要とする慢性腎不全であったという経験もあります。我々はこのような観点から特定の専門領域にとらわれることなく、多臓器の疾患を広い視野を持って診療できる総合内科的な医療を実践したいと考えています。

さらに、循環器、肝臓疾患の領域におきましては専門医が質の高い専門的医療を提供いたします。

■循環器疾患
高血圧、不整脈、狭心症、心筋梗塞、心不全など循環器疾患全般を対象に診療を行っています。心臓超音波検査、ホルター心電図、運動負荷試験などの検査、徐脈性不整脈に対するペースメーカー植え込み術などを施行しています。当院では対応できないさらに高度な検査や治療が必要な場合は、適切な医療機関を紹介させていただきます。また、動脈硬化の補助診断として頚動脈エコーや脈波伝播速度(血管年齢)の検査も行っています。

■肝臓疾患
急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝臓がんなどを対象に診療を行っています。肝生検、腹部超音波検査、腹部CT, MRIなどの検査やC型慢性肝炎に対するインターフェロン治療、肝臓がんに対する局所療法(経皮的エタノール注入療法、ラジオ波焼灼療法)などを施行しています。病状によっては当院消化器外科と連携し治療にあたります。肝臓病は自覚症状がないことが多く、B型やC型慢性肝炎に罹患していても自分では気がついていないことがほとんどです。健康診断で肝機能異常を指摘された方はぜひ一度ご相談ください。